静岡県浜松市の庭景設計・施工・管理なら『有限会社 大三(だいぞう)』

暮らしの中にやすらぎのある庭景

延路のある庭と農(木下邸)

中学時代の恩師であるクライアントから庭景工事の依頼を受けて早や35年(1986年)、旧邸の庭の材料を解体撤去し、市街地から運搬、移設、新築早々の創庭でした。その後(1991年)ガーデンステージを設け、時は変われば月日の経つのは一炊の夢のようです。
先生はご健在で晴耕雨読の日々を過ごし、趣味の渓流釣りや海釣りを男のロマン求めてたしなみ、豊かで、のどかな里の環境の中で俳句や陶芸、料理などに造脂が深い奥様と共に、畑で季節の野菜作りに励み俗世間を離れた桃源郷のようなライフスタイルを家族と共に楽しんでいます。
庭と農(畑)、、、、、、。
木と花と実を愛でる出会いの発見が生活の中にあり、都会ではなかなか味わえない農の体験の試みを通して「創造生活文化力」の源が、ここに潜めいているのではないでしょうか?推察されます。
多くの人生経験を積まれてとてもシンプルで一朝一夕に真似が出来るものではなく、本当に素晴らしいライフスタイルだとおもいます。いつまでもお元気で気軽に声を掛けて下さい。楽しみです。












変則的な軽い土塀風の門扉とゲート


玄関に導くアプローチ


アプローチの景


玄関前の景


主庭付近の景


園路の景








モクレン、シダレウメ、マンサクの花


ガーデンステージ


集いの場所


豊かな畑とモクレンの木