静岡県浜松市の庭景設計・施工・管理なら『有限会社 大三(だいぞう)』

暮らしの中にやすらぎのある庭景

勝ちゃんの家の庭2(木村邸)

26年前(1994年)旧家より槙や松、梅などを移植及び庭石を運搬。新築早々の主庭付近には滝口の石組を施し玄関出入口のアプローチ側に導き、枯山水流れの庭として骨格を創庭しました。
玄関ポーチ付近には創作桂垣の袖垣を設けました。本来の桂垣では住宅には不向きと思う為少しアレンジし、表側は竹の小枝、裏側には建仁寺垣風横仕上げとしました。
雨の中26年ぶりの取り換え工事が終了しました。
流れの白川砂利も清掃し(かっちゃんがする)、品格があり格調高い庭の顔にリフレッシュし、地苔が雨の中輝いていました。



流れ石橋付近とアプローチ


創作桂垣


創作桂垣


建仁寺風横使い


滝口付近を見る