静岡県浜松市の庭景設計・施工・管理なら『洛風庭匠 大三(だいぞう)』

暮らしの中にやすらぎのある庭景

浜松城公園野外アート展。池谷大三郎の報告

第3回浜松OpenArtが10月26日~11月3日まで開催されました。7人の作家の作品展示があり、雨降りが1日ありましたが天候に恵まれ盛況に終える事が出来ました。
来場して下さりました皆様には、心から感謝申し上げます。
私はアートルネッサンス以来11回目の出展で今回は「フィルター」filterと題し「森は人間の聖地であり、人を守り育てた守護神」をキーワードとしまして、地球温暖化現象など見えない形を具現化し、竹の素材を使い樹に寄りかかり樹の声を表現しました。



浜松城を見上げての作品


タイトルの展示


東側上部テラス付近より


東側寄りの景


内側より外側の風景


初日に草笛の加茂さんが早々に駆けつけて演奏してくれました


松本桂三さんの「石の刻印」、赤いテントの中村昌司さん、新間千代香さんの箱ノーサイド
尾崎マサノリさんのビック芋虫たちの一部、その他池のほとりに赤堀マサシさん、石舞台に松本早織さんの作品あり


西側より


芳名帳など


「森よ山よ海よ人の心に命を呼び、あらたな時代への導きの糸をよべ」と吟遊詩人竹内康人さんのメッセージと演奏


終了前の知人達


解体が始まりました


解体撤去が終わりました