静岡県浜松市の庭景設計・施工・管理なら『洛風庭匠 大三(だいぞう)』

暮らしの中にやすらぎのある庭景

ガーデンライフの家(宮木邸)


旧東海道沿道添いの交差点東側にガレージと出入口の門扉がある、その限られた場に高低差を付けた「モダンな小さな森の緑陰の中へ」をテーマにした設計、施工をしました。ゆるやかな曲線の階段を上がる二階部分が玄関入口です。
三階建のコートハウスの家で一階の一部分が店舗になっています。
クライアントご夫妻が緑や草花を愛し、朝、夕お世話に勤しんでガーデンライフを楽しんでいます。
二階の庭は全面テラス風に改装し、生活の中でインテリアや緑、花、メダカ等の生き物と共存していて、とても趣味のいい感性豊かな住まい方だと感心しています。



沿道添いの交差点、出入口の門扉と車庫付近


出入口踊場付近の小さな森の中へ


イギリス、コッツウオルド産の石灰岩のコバ積みと乱貼り


階段右側の御影石平石のテーブル(下部に給水口とホース収納)とコバ積みの取り合せ


階段上部より門扉、石貼り、水鉢を見る


二階テラスのジュンベリーの赤い実やフェイジュア、アジサイの花など


二階テラスの中庭、一階から伸びきったヒメシャラ株やヤマボウシ