静岡県浜松市の庭景設計・施工・管理なら『洛風庭匠 大三(だいぞう)』

暮らしの中にやすらぎのある庭景

幸町の庭模様(石垣邸)

29年前の設計イメージスケッチを改めて確認いたしました。
時間の経過の中で味わい深い庭に育ちつつあります。
ヤマモミジの木などは思いがけない程の太さや根ばりが地表に生まれ、足元の景が引き締まり偶然の中により自然感を導き出す姿が生まれてきました。
これからも人間(家族)と樹(植物)、季節の中で様相の変化を感じながら共生し成長していく安らぎの庭でありますように。。


イメージスケッチ


トキワマンサクの生垣


玄関入口付近の植栽風景


離れ和室付近のあしらい


山辺の道が居間テラス付近まで続く


居間付近より山辺の道を見上げる


今回修復した大徳寺竹穂垣


和室付近の延路と飛石の関係