静岡県浜松市の庭景設計・施工・管理なら『洛風庭匠 大三(だいぞう)』

暮らしの中にやすらぎのある庭景

HOME

最新のお知らせ


2018年1月17日 : 融合の庭(伊藤邸)
和室の部屋とリビング付近を竹穂時雨垣下端四ッ目垣で柔らかく仕切りながら両者を繋ぎ、野面積みの石垣はかつての基礎、廃墟と化した庭の荒れ果てたイメージを取り入れた思い出の庭。お正月前の剪定を致しました。書絵や詩吟を愛でる主の生きざまの様な庭になってきました。



リビング付近の景


山道の景


和室の部屋より石組の景


竹穂時雨垣下端四ッ目垣と六角生け込燈籠の配置

2018年1月17日 : 庭景改修の庭
以前からあった石材や庭木をいかしながら全面見直し改修致しました。伸びやかな松の木を中心に山の辺の道をイメージし管理(清掃)をしやすいデザイン(地割)を心掛け、主人の趣味であるゴルフの打ちっぱなしが出来る芝の一部分も和の中に取り入れ島の様にしてあります。正月前には藁ぼっちの景を創り、冬景色を楽しんで頂いております。



石組と延路


延路の接点を見る


山の辺の道とゴルフの打ちっぱなしの芝


峠の道


藁ぼっちの景


2018年1月17日 : 根木邸 玄関前の庭
日々の除草や清掃管理が良い主の御蔭で、前庭のアプローチ付近の地苔が付き始め味わい深い庭に育ってきました。
この地ではヤマモミジやドウダンツツジが12月になってやっと紅葉が始まります。通りすがりの人々と共に楽しんで頂けたようでなによりです。益々時間を掛けて深みのある庭になることを願います。



門入口付近の景


アプローチのデザイン


延石の伝い


畳石のあしらい


2018年1月17日 : 浜松の家 民家の庭
民家再生の第一人者として幅広い活動をなさっている降幡廣信先生の設計の家です。
旧庭の調査、庭景設計を提案させて頂き解体撤去工事から始まり一木一石心を込めた庭景工事を致しました。やっと落ち着いた所もあれば、強風で朽ちた木もありますが付かず離れず見守っていきたいと思います。
去年秋に透かしの剪定を致しました。その他北庭の庭もありますが今回は省略いたします。



門構えのある前庭 三和土仕上げ


アプローチと柚木燈籠の景


玄関より門付近の景


主庭付近の家と庭の接続を見る


三段構えの筧と月見手水鉢の蹲踞、松琴亭生け込燈籠のあしらい


遠州浜の州浜をイメージした石組


廻遊式枯山水、反り石橋の石組


緑陰の中休憩所


2018年1月17日 : 去年今年 こぞことし



 2018年元日の朝、淑気漂う庭舎大三の事務所前庭です。
心新た日々是好日の精神で悔いのない日々が送れるように努力したいものです。
皆様にとって良い年でありますよう寒中お見舞い申し上げます。
12月は剪定管理にいそしみ更新する時間と体力の余裕がありませんでした。。

本年もよろしくお願い申し上げます。



井筒前の藁ぼっち


創作松飾


事務所前の花入れ



ご挨拶

洛風庭匠 大三通信