静岡県浜松市の庭景設計・施工・管理なら『洛風庭匠 大三(だいぞう)』

暮らしの中にやすらぎのある庭景

能『井筒』上映会のご案内

蝉時雨の洗礼を受けて、猛暑、酷暑、炎暑が今年もやってきました。
ご機嫌いかがですか拝察いたします。

8月20日(土)地域情報センター(浜松)にて観世寿夫による能『井筒』の上映があります。
笠井賢一氏(演出家・劇作家・能楽プロデューサー)による「能」のレクチャーがあり、午後1時30分開場、2時00分開演、会費は2000円です。
主催は、はままつ「政経・文化」フォーラムが行います。
昨年はギリシャと日本で叙事詩ホメロスの「オデュッセイア」の大十一章「冥府行-キネア」の能の台本を書き上演しました。
本年11月にはポーランドヴロツワフでのシアターオリンピックに公式招請された新作能『鎮魂-アウシュヴィッツ・フクシマの能』を演出し、その後日本の国立の能楽堂でも上演する予定です。
能『井筒』についてこれほど簡潔でいながら奥行き深い能は類を見ない。
世阿弥晩年の自信作であり不朽の名作と笠井氏が言っています。
是非とも人間性の根源のドラマを味わってもらいたいと思います。ご参集下さい。